planetarian 第5話:海外の反応「素晴らしいアニメだった。このアニメに釘付けになったよ」

●僕はこのアニメを友達と一緒に見たよ。
ゆめみが機械のロボットにやられてしまったのを見た時、僕の友達は何が起っているのか考えていたと思うよ。
相手のロボットもゆめみの事をロボットだと認識していて、ゆめみはロボットを無効化すると思っていた。
ロボットのカメラがゆめみの下半身に向いた時、僕は”No、No、No、No”って思ったよ。
友人に「彼女は大丈夫だ、大丈夫だ」と言ってしまったよ。
未だに起こったことが信じられないよ。

「私達ロボットは、人間の皆様の幸せのためにありますから、あの様な乱暴な事は、本当はしたくなかったんだと思います」

●泣いてしまったシーン:

・ゆめみがロボットは人間を害すことはできないと言ったシーン

「天国を二つに、分けないでください。ロボットと人間の、二つに分けないでください」

・ゆめみが人間とロボットの天国は同じだと言ったシーン

・エンドクレジットで流れていた曲の途中

こんなに短いアニメなのにものすごいインパクトがあったよ。
ブラボー

「私も、少しだけ壊れていますから・・・」

●少しだけ壊れています。

●↑いや、世界が壊れているんだ。

●↑いや、それはロボティクスの3つの法則が破られているんだ!

●↑すべて大丈夫だよ。

●↑最後のクレジットの後に、短いシーンがあったね。

●↑トンネルを抜けたときの光のような物だよ。

●↑戦争の後、誰が生き残っているの?

「人間に危害が及ぶのを看過してはならない」

●ゆめみは人間に奉仕するという役割を見事に果たしたね。
人間に危害が及ぶのを防ぐためのロボットの一番の役割は、壊れた自分の体を守る事より重要なんだね。
ゆめみが幸せに人間に奉仕し続けられる天国で安息を見つけられますように。
彼女の記憶はたった128エクサバイトに過ぎないかもしれないけど、その記憶は全ての生き物と同じぐらい価値があるよ。



●Wow ジーザス なんてこった?
なぜ僕はビッチの様に泣いているんだ?

●↑泣いているんじゃないよ、雨が降っているだけだ。
なぜロボットのために泣くんだよ。

●↑ロボットと男・・・去年のプラスティック・メモリーズでも同じ事があったよね。

●↑文字通り雨のせいで今日は酷い日になったよ。

●↑Oh god  今まで僕にはこのアニメを観終える時間がなかったんだよ。
でも最後のエピソードでこのアニメは本当に暗い方向に行ってしまったね。
今は脱力感でいっぱいだよ。
僕の犬がちょうど数週間前に死んだんだけど、感情的な観点から見るとこれが正しいエンディングだと考えられているのはおかしいと思ったよ。


●この夏のアニメで一番過小評価されているアニメだよ。
このアニメはとても悲しいエンディングにも関わらず、とても美しいアニメだよ。

●↑過小評価された理由はストーリーにあると思うよ。
殆どの人達が話の殆どが二人のキャラクターの交流だけだと知って退屈なアニメだと思ったんだよ。
美しいアニメを見逃してしまった事は彼らにとって残念な事だと思うよ。

●↑変だな。
そのことに興味があったんだよ。
正しくアニメを作ると、キャストの人数が少なくてもいい雰囲気を作り出すことができるんだよ。

●↑そうだね。
でも多くの人は退屈な作品だと感じたんだよ。
何人かの人達が日常系のアニメにも同じように感じるのと同じだよ。
あまり何も起こらないと視聴者はその作品に飽きてしまうからね。


●ゆめみが長い休息をとりながら話さなければいけないのを見てとても悲しくなったよ。
雨が涙の代わりに降ってきたよ。
泣くために寝る必要がありそうだ。


●素晴らしいアニメだった。
このアニメに釘付けになったよ。
今の所みたアニメの中であっさりアニメ・オブ・ジ・イヤーになったよ。
映画が楽しみだ。

●↑映画は今までの5話をまとめたものなの?それとも・・・

●↑エピローグをアニメ化するんだと思うよ。
映画のPVはこのアニメの最後の数秒から始まっている。

●↑製作陣は星の人のドラマCDをアニメ化しているんだよ。
オリジナルシリーズよりかなり後に制作されたドラマCDだよ。


●僕はCLANNADの再視聴スレからこのスレに来たんだけど、このアニメが悲しいエンディングになるなんて思ってなかったよ。

●↑Keyの作品は殆どがお涙頂戴の結末で終わることが保証されているんだ。

●↑そのことを事前に知っておけばよかった。

●↑心配するな。
どうせもっとKey作品を見たくなっるから。

●↑バランスを取るべきだと思うよ。
僕は悲しい話を見る時は、何か面白い話を観てから観るようにしてるよ。
観た事がないなら日常を見て観て。


●ちくしょう!
どうして急に雨が降ってくるんだ?
幸せな結果で終わるとは思ってなかったけど、ゆめみが幸せな思い出を見ているのを観ることができたね。
本当にうまくできたショートアニメで、間違いなく星の魔法を捕らえたね。
映画でも星の魔法を使って欲しいよ。


●えーと、泣いてしまったよ。
ちくしょう、主人公はゆめみを新しい体になおして、一緒に星について人々に教えて回るんだろうね。
そうじゃなければ僕は数日間気分悪く過ごすことになるよ。


●なんてすばらしいアニメだ。
10点中9点だ。
とても悲しいよ。
ちょっと心が壊れてしまったよ。

●↑最終回は9点だけど、このアニメ全体では8点だな。
それでもいいスコアだけどね。


●今日一日は悲しい日になったよ。
ゆめみの目がグレーになっていくのを思い出すたびに、感情があふれてくるよ。
このアニメは絶対MALスコアが10点になるべきだよ。
過小評価され過ぎているよ。


●素晴らしいアニメだった。
僕はビジュアルノベルが好きだったけど、このアニメ化は信じられないほど素晴らしかった。
最後まで素晴らしい仕事をしていた。
エピローグはとても良かった。

https://www.reddit.com/r/anime/comments/4vzdpq/から翻訳から翻訳

5 Responses to “planetarian 第5話:海外の反応「素晴らしいアニメだった。このアニメに釘付けになったよ」”

  1. 名無しさん より:

    翻訳ありがとうございました❗

  2. 名無しさん より:

    宇宙領土問題ですか・・。
    経済領土にこだわる某国みたい。

  3. 名無しさん より:

    これを見て、ちょっと心が壊れてしまった人は正常な感性を持っている人だね
    壊れているのは世界の方だってのは上手いことを言う
    平和に慣れすぎると忘れてしまいそうになる、世界は案外簡単に壊れるんだってことを

  4. 名無しさん より:

    このまとめがとても気になり、タブを消すことができず、休日になって5話一気見してしまった。過去にこんな作品があったなんて・・・・・・知れてよかった。

  5. 名無しさん より:

    プラネタリウムはいかがでしょう?
    どんな時も決して消えることのない 美しい無窮のきらめき
    満天の星々が みなさまをお待ちしています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ