// PCで表示させたい内容

海外の反応「中国経済崩壊か?中国のGDP経済成長率が過去27年で最低の6%を記録、フェイクデータで6%?」

中国の経済は、1992年に四半期ごとのGDPデータを発表し始めて以来、最も弱いペースまで減速しています。
米国との貿易は、世界第2位の経済に大きな影響を与えています。

中国の国家統計局によると、GDPは7月から9月に前年同期と比べて6.0%増加しました。
これは前四半期から0.2ポイント下がっており、2年連続で減少しています。

一つの要因は、進行中の貿易紛争による設備投資の低迷です。
また、消費者は新車への支出を減らすなど、消費を抑制しています。

政府は、公共投資を後押しするため、地方債の発行日を前倒ししました。
しかし、この動きはほとんど効果がありません。

中国と米国は今月初めにいくつかの問題について合意に達しました。
しかし、彼らはお互いの商品に課した追加の関税を維持しています。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20191018_22/より翻訳



●まだ世界平均よりは上だ


●今もし日本が公的な支出を市民のポケットに還元できたら、日本は世界経済の2位に戻るかもしれない

●↑いやそんなことは起こらないよ。
10:1の比率で人口が違うんだもの。


●トヨタがスープラを復活させたからアメリカドルは日本に流れて日本は中国より上に行くだろう


●このチャートはベースが5.8じゃなくてゼロベースであった場合よりも全然悪く見える。


●NHKまじか!
0.8ポイント落ちることはそんなに問題?
まだ6%もあるんだよ!!



●↑あなたどこで経済を学んだんだ?
発展途上国が先進国よりもはるかに高い成長率があること知ってた?


●このチャートはなんか操作されてる気がするな


●トランプ関税が効いてるってことか。

●少なくとも3%は日本が貢献してるけどね

●でも6って数字はまだ高いよね

●今のところ他の国よりもましだね

●一方で日本は…

●それ以上に継続的に落ちていくよ


●この情報化時代、クリエイティブにもっと成長していくため、中国は民主化すべきだ。



●6%は発展途上国にとって特別な数字ではない。

●6%はまだ素晴らしいよ。

●フェイクデータで6%?? マイナス2%じゃないの。

●過去30年の日本の成長率と比較したらどうだろう


●中国はこの地球上最悪の共産主義国でありながら我々は資本主義を通して彼らに力を与えてしまった。
なんて皮肉だ!


●彼らは世界をひどく汚染している。

https://www.facebook.com/nhkworld/posts/3016508191729250 より翻訳

サブコンテンツ

このページの先頭へ