海外の反応「シボレーのV8エンジン搭載のスバル・サンバーバンがヤバイ」

 


日本の軽商用車の超ロングセラー「サンバーバン」に恐るべき改造を施した強者が現れた。
なんと、排気量660cc以下のサンバーバンに5700ccのV8エンジンを搭載したというのである!

・サンバーバンにシボレーのV8エンジンを搭載
ご存知の方も多いかと思うが、「サンバーバン」は1961年から2017年現在まで「スバル」が長きに渡り販売している軽商用車だ。
なお、2012年にスバルは同車の自社生産を終了。その後はダイハツが生産するOEM車となっている。

冒頭でお伝えした通り、なんとそんなサンバーバンの車体に米国「シボレー」の傑作エンジン「LS-1」を搭載した強者がいるという。
映像でエンジンルームの様子を確認すると……な、な、なにぃぃぃいいいいーーー!?

本来であれば床下に収まるべきエンジンが、デカすぎて丸見えになっているではないか!!
これはきっとすごい加速力に違いない。
走行シーンを見ると……
タイヤが空回りしまくってボロボロになっているうえに、煙で何にも見えねぇぇぇええええーーー!

残念ながら、結局この動画には車の加速力が見えるようなシーンは収録されていないようだ。
もし仮にパワー全開で走れたとしても、サンバーバンの車体がスピードに耐えられるかどうかにも疑問が残る。

http://rocketnews24.com/2017/03/08/871380/より引用


●(スレ主)
なんだってんだ!?救急車両に搭載されたリアマウントLS1が最高にカッケー!
サマーナッツ30の再来は期待を裏切らない…この神がかったミニ救急車の後方には、約300馬力ほどのLS1が固定さている。
やってきた旋回テスト場で、小さなタイヤが産み出した大きな煙。この小型バンには多大なパワーである。
こいつぁヤベエ!


●楽しさ全開だな、真後ろでモーターが爆発するまでは。

●↑クソありえるけどLSとは言うまでもない。

●↑どんなモーターでも爆発はする。

●↑うん、レブリミッターが跳ね返ったらね。

●↑設定されたレブリミッターなら大丈夫。

●↑内部ストックがいっぱいになったらLS1のリミッターを吹き飛ばせるよ。

●↑下よりは後ろのほうがいいと思うよ。
言われてみれば、エンジンを隔離する壁を作ったほうがいい。

●↑トランプを呼ぶんだ。壁を建ててくれる。


●ミドルマウントだよね?

●↑わからなかったんだよ‥だから『!?』なんだと思う。

●↑逆方向を向いたリアマウントもありえる?

●↑それだとリバースマウントになるんじゃないかな?

●↑もし君がLSのことを知っているなら、よく見てごらん、リバースマウントじゃない。
だからただのミドルマウントだよ。
造りがかっこいいね。クレイジーなオージーを愛さずにはいられない。


●綿菓子を思い出す煙だね。

●↑だよね

●↑わたあめとブルーガム!


●かっこわるい質問かもしれないけど、タイヤのに何が色付きの煙を出させるの?

●↑ユニコーンのおしっこだよ。

●↑モーターサイクルの世界では、色々な色の煙を出すタイヤが買えるんだよ。

●↑化学物質がタイヤの合成物に入ってる。


●まだまだバーンアウトの王様はオージーだな。

●次のマッドマックス映画はこれだね。

https://youtu.be/7wSEDWqwTHsより翻訳


 

3 Responses to “海外の反応「シボレーのV8エンジン搭載のスバル・サンバーバンがヤバイ」”

  1. 名無しさん より:

    Pawaaaaaaar!

  2. 名無しさん より:

    まっすぐ走るにしてもトラクションが全く効かないでしょ。

  3. 名無しさん より:

    日本もこういう遊びをする人が減ったからそのうち車産業もヤバくなるだろうな 

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。



Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38