海外の反応「コーヒーが出来るまでのライブ映像が見られる日本の自動販売機が話題に!」

 


自販機大国である日本!
様々な種類の商品を扱う自販機がありますが、なかには海外の人がびっくり仰天するようなものもあるようです
それが今回紹介するトーヨーベンディングのミル挽き珈琲「アドマイヤ」です!

この「アドマイヤ」は硬貨を入れてから、豆を挽きはじめ、ドリップし、カップにつめます
つまり、一杯ごとに挽きたての豊かな味と香りをたのしむことができるのです
そしてもう一つの特徴、最大の売りはというと、やはりCCDカメラによって珈琲を淹れる過程をライブ映像で流しているところでしょう!
なお、香り出し機能によって、挽いている豆の香りを感じることもできます
出来るまでの待ち時間を目でも鼻でも楽しめるのは素晴らしいですね
この内部映像が見られる自販機「アドマイヤ」は、おもに高速道路のパーキングエリア、病院、一般企業、スポーツ・娯楽施設などに設置されているようで、道ばたではあまり見かけません
ですから、もしかしたらこの自販機を見たことがない方もいるかもしれません
そういう方は、この映像をご覧になれば、おそらく海外の人たち同様に驚くこと間違いなしです

http://smash-m.com/detail/archives/7257より引用


●(スレ主)
日本のコーヒー自動販売機はLCD画面で作業工程を見せてくれるよ。


●自動操作は来たる15年ですっっごく沢山の仕事を減らすだろう。

●↑とーちゃんは昔販売機だった、自販機が彼の仕事を奪うまではね。

●↑新しいコーディングの仕事が多くなるけどね。

●↑ディープラーニング式のニューラルネットによる、基本的なコーディングが可能になるまではね。
そしたら少数の管理、専門家のプログラマーだけになるよ。

●↑だから今必要なのはコーディングを学ぶことなんだ、将来エキスパートになれるからね。

●↑そしてそれはいいことだよ、みんなにとってね。
単純労働の排除とそれを効率的コストの資本投資に替えることで、労働力の限界生産力を増大させられるんだ。

●↑待てないぞ。


●コーヒーが作られる過程の動画を再生するのは簡単だ、内部で発生しているに違いないバイオハザードは見せない方法でね。

●↑コーヒーはとても酸性でバクテリアが生成し難い。
どちらにせよ頻繁に掃除していることを願うよ。

●↑日本だぞ、ここではほぼ何もかもが清潔に保たれているよ。最高さ。


●液体がカップに注がれるのが見えなかった(´・ω・`)

●コーヒーを作っている間に股間を撫でたりパンツをクンクンしたりしないなら日本じゃないな。フェイク動画だよ。

●この素晴らしい自動販売機はどこにあるの?渋谷?

●4月1日にはリングの動画を流してくれます。

●クレイジージャップは常に何か企んでるな

●日本はまるで別世界だよ。
いつになったら秘密のゴジラ養殖場を見せてくれるんだろう?

●クッソ使えないけどかっこいいな

●どんでん返し:撮影済みの同じ動画

●同じ動画の繰り返しだよ。
このコーヒーは2011年のだ。

https://youtu.be/zfAZCddDZNoより翻訳

 


5 Responses to “海外の反応「コーヒーが出来るまでのライブ映像が見られる日本の自動販売機が話題に!」”

  1. 名無しさん より:

    トーヨーベンディング株式会社の製品で、「ライブ映像」・・ぐぐってみな。

  2. 名無しさん より:

    この機械の愛らしいところは、こんなに金がかかったハイテクなのに、
    貼ってあるシールがテプラなところ。

  3. 名無しさん より:

    先に作った女房の分の映像をスマフォで撮った
    次の自分の分の工程で「あなたのためにドリップ中♡」の泡の立ち方が明らかに違っていてライブ映像と確信した今年のゴールデンウィークw

  4. 名無しさん より:

    時計でも置いてライブ映像だってはっきり分かるようにすればいいのに。

  5. 名無しさん より:

    >●コーヒーを作っている間に股間を撫でたりパンツをクンクンしたりしないなら日本じゃないな。フェイク動画だよ。
    >●クレイジージャップは常に何か企んでるな
    >●クッソ使えないけどかっこいいな

    きっしょ死ねよクソ外人

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。


サブコンテンツ

Sponsored Link


Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38