海外の反応「日本企業がオフィス労働者を人工知能に切り替えるらしいぞ!」

 


富国生命はAI(人工知能)を使った業務の改善で、医療保険などの給付金を査定する部署の人員を3割近く削減します。
富国生命は来年1月から、日本IBM製の人工知能「ワトソン」を査定業務に導入します。
医師の診断書などから病歴や入院期間、手術名などの情報をAIが自動的に読み取り、給付額の算出などを人に代わって行います。
作業の迅速化と給付漏れなどの防止が最大の目的ですが、AIで事務作業を効率化できることから、富国生命では去年3月末時点で査定関連部署に所属していた131人のうち約3割にあたる34人を削減する予定です。保険業界では大手を中心にワトソンの活用が広がっていますが、AI活用による具体的な人員削減計画が明らかになるのは珍しいことです。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000091183.htmlより引用


●スゴイ、これからはAIからハンコをもらうんだ。

●↑ポジティブに考えよう。
少なくともAIは部長より、ほんのわずかの時間でハンコをくれるだろう。

●↑AI課長は、どうやって1日を過ごすんだろう。


●交渉できないし、合理的じゃない。
同情や反省や恐怖を感じることがないし、絶対に止まらないんだ。
そう、君が死んだり、失業するまでね・・・


●IBMがワトソン(IBMが開発した質問応答システム・意思決定支援システム)にExcelの使い方を教えたことに気づかなかったよ。
でも実際の所、人々は誰かが記入したフォームを見て、証人された数をスプレッドシートに入力して、何十人もの人がハンコを押して、記載された口座に振り込むだけなんだから流れ作業みたいなものだ。

●↑FAXを送るように教えることができれば、すべての従業員を置き換えることができるんだ。

●↑でも、そういう仕事を壊すこともできる。

●↑それがほとんどの仕事のやり方だよ。
自動化できない仕事があることを望んだほうがいいよ。。

●↑僕は、オートメーションの設計をしてるから、一番最後にリストラされることを望むよ。


●自動化を増やすというのは、興味本位な方法のように聞こえる。

●コンピューターのプロの判断を教えることはできないよ。
そして、大企業がさらにIFRS(国際財務報告基準)へ移行してるんだ。

●↑まあ、ワトソンに実際に教えることが出来るという事実を考えれば、確かに出来る。
でも、今そのような仕事をしてる人たちは、最低賃金より少し給料が良くて、ストリートにいる人ほど専門家じゃないんだ。


●もし僕がコンピューターなら、僕の会社は本当の人間を採用していると思うよ。
なぜなら、従業員を気にするのは、利益だけでなく、顧客を気にするようなものだから…

●↑彼らはまだ本当の人間の従業員だろう。
戦略を失敗させるように仕事をすすめるだけだ。

●↑で、人々は聞くんだ”あなたは安い?”って。

●↑安い?
これは残業代を支払う意思がある日本の話だよ。
それに生命保険に関するものだからね。
混雑した電車で通勤し、顧客と話して、オフィスで忙しく過ごし、電車で家にかえり、妻がお帰りをいって、子供と夕食を食べることが出来るよ。
スローガンを掲げてこういうんだ“人は大切 あなたと家族を守る”


●何を予想する?
より少ない給料だ。

●でも、AIにするとお茶を入れてくれて、オフィスを明るくすることは出来るのか?


●私は、平均給料の人がかなり役にたたなかったことを知ってるけど、AIで仕事を失うからって役に立たない人間なのか?

●↑君の人生が10年から20年で変わるかどうか見てみようじゃないか。

●↑決してAIに置き換えられないぞ。

●↑僕は技術的に、20年後に引退することになってるんだ・・・

https://www.reddit.com/5m62itより翻訳
 


4 Responses to “海外の反応「日本企業がオフィス労働者を人工知能に切り替えるらしいぞ!」”

  1. 名無しさん より:

    移民入れた国は涙目だなw

  2. 名無しさん より:

    でも将来人間は遊んで暮らせるようになってしまうのかな。それはそれでヤダな。

  3. 名無しさん より:

    20年後にはマジで働いてたら負け組かもね

  4. 名無しさん より:

    日本は人手不足が深刻だからね。
    機械やAIに置き換えられる仕事はどんどん替えて産業を革命するしかない。

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。



Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38