海外の反応「ロシアの航空祭で新型のスホーイが飛行してるぞ!」

 


ロシアの航空祭で新型のスホーイ PAK FA T-50が飛行している動画があったので紹介します。
PAK FA(パクファ)は、ロシアの第5世代ジェット戦闘機開発計画で、試作機の設計名称はT50です。

●世界で最も印象的な戦闘機だね。

●↑これが実際に配備されるまで分からないよ、まだテスト飛行だからね。

●↑君はこれCGだと思ってるだろ。
君がみた飛行シーンは本物だから。

●↑明らかにCGではないよ。
でもその可能性もまだあるよ。


●私はT50に対抗できる飛行機はないと思ってるよ。
美しいし、愉快に飛んでるようにみえるね。
否定的なコメントはただバカなだけだよ。
見るのを楽しもう。
カメラワークがよくていいビデオだ。

●↑Su37とSu33はそれほど速くなかったけど、美しかったよ。
あとT50のようにとても破壊力のある戦闘機だよ。

●↑T50が2017年に量産されるのが待ちきれないよ。


●アメリカがドッグファイトの能力が限られてるF35で戦うのが待ちきれないよ。

●↑視認することがあるとは思えないよ。
お互い離れたところで戦うからね。


●これに勝てるヤツはないだろう。

●↑スターウォーズのXウイングだけ。

●↑この飛行が戦闘時の操縦だと思わないでほしいな。
熱の検知が遅いとすぐに殺されるよ。

●↑ワロタ!
この動画の操縦で実際の戦闘を戦うと思ってるなら、君は単なるバカに違いないな。
これは空中での方向転換を印象付けるための、操縦性のデモンストレーションでしかない。
実際の戦闘は完全に別物だし、航空祭で見る物は退屈だよ。


●なんでインドはこのかっこいい戦闘機に興味を無くしたんだろう?

●↑値段でしょう。


●この戦闘機は二つのでかいエンジンを後ろに突き出して、どうやってステルス機能を実現するんだろう?
答えは「できない」だろ!

●↑私もこれ不思議に思ったよ。
エンジンを隠すために何もしてないよね。
多分360度の角度で噴射するためだよ・・・

●↑今までに作られたどのステルス機でも、ステルス機能は正面からしか機能しない。
ステルス機はすぐに横に曲がったら、レーダーに照らされてしまう。
360度のステルスなんて映画の中だけだよ。
でもエンジンを隠せば、熱の痕跡を減らすから、赤外線シーカーには有効だね。
でもステルス性能はこの飛行機は失敗してるね。


●たくさんの人がこの戦闘機はステルス性能がなくて、飛んでいる標的だと不満を言ってるね。
この人達は完全にアホだよ。
ロシアとアメリカは超大国だから、戦争では戦闘機に依存しないよ。

●スホーイ PAK FA T-50>F35
これが私の言える全てだ。

youtubeより翻訳


 

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン

当サイトではコメントは承認制となっております。
書き込んでもすぐには反映されませんのでご注意ください。
マナーを守ってご利用ください。


サブコンテンツ

Sponsored Link


Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38