海外の反応「日本では鬱を心の風邪と呼ぶようにしたら抗鬱剤の販売が6倍に増加したぞ!」

 


日本で鬱を心の風邪と呼ぶようにしたら抗鬱剤の販売が6倍に増加したことが話題になっていたので紹介します。

●(スレ主)
日本人は抗鬱剤にネガティブな印象を持っていたので、マーケティングの作戦で鬱を「心の風邪」と呼ぶようにした。
するとその後、抗鬱剤の販売は6倍に増加した


●いつもは製薬業界の広告ってすごく嫌いなんだけど、これは鬱というものをものすごく上手に表しているいいメタファーだね

●↑医薬品の広告はニュージーランドとアメリカ以外では違法だからね

●↑それは我々アメリカ人がすごく賢くて、医者にどの薬を飲むべきか教えてもらうまでもなく、何を飲みたいか医者に伝えることができるから

●↑いや、製薬会社の担当者が、医者にどの薬を処方すべきか営業してるんだ。
どの医者がサクラかなんてもうわからない、ペンをあげたりすることはできなくなったからね。
本当だよ

●↑製薬業界で働いてる。
これはほぼ100%正しい

●↑自分は医者だけど、製薬業界の担当営業は無視してる。
営業に、どの薬が患者にとって最適か教えてもらう必要はないから

●↑でも自分は12年ニュージーランドに住んでるんだけど、テレビで医薬品の広告を見たことはないと思う。
アメリカとは全く違うよ

●↑自分はよく見かけるけどね

●↑なんでかわからないけど、カナダでも医薬品の広告をよく見掛ける。
アメリカのTVチャンネルだからかもしれないけど、広告は広告だよね

●↑カナダでは処方箋を必要としない医薬品のみ広告を出せる。
でも、その医薬品の効用を広告でうたっちゃいけないことになってるよ

●↑効用を出せないなら広告の意味がなくない?

●↑医薬品の広告がここニュージーランドで合法なんて知らなかった..
.医薬品の広告を見たこと一度もないと思う

●↑アメリカのテレビを見ていて一番印象深かったのは医薬品のコマーシャルがすごく多いこと。
正直言って結構気持ち悪いと思った

●↑自分も同じこと言おうとしてた。
合法な国があるなんて今日まで知らなかったよ。
インドでは製薬会社は直接エンドユーザーとつながってはいけないことになってる


●自分は反対。
心の風邪は悲しみだよ。
鬱は、心のリューマチみたいなもん

●↑でも悲しみは病気ではないよ。
悲しみは、多くの状況に対する正しいリアクションだ


●ほんとに?自分にとっては鬱は風邪みたいなものではない。
どういうものか伝えられないよ。
ただ空っぽだという気持ちで、その気持ちがなくなると本当に何も感じられなくなる。
心の風邪というよりは麻痺かな

●↑鬱は頭で感じるもの。
体に影響もするけど。
風邪は体の病気だけど、ありえないくらいの頭痛も起きることがあるしぼーっとする


●個人的にはこのメタファー好きじゃない。
風邪は少ししたらかならずよくなる。
鬱からはなかなか回復しないよ

●↑多くの人が鬱から回復してるよ。
みんな違う症状なんだ

●↑そうかなあ、風邪は一度ひいておしまいじゃなくて毎年ひくことだってあるよ…
鬱みたいに

●↑自分は抗鬱剤を飲んでものすごくよくなったし、そういう人は他にも多くいる


●なんで日本では他の国に比べて鬱の人や自殺する人が多いんだろう?

●↑自分への期待の高さかな。
それで満足出来る仕事につけなかった人の間に鬱が広まってる

●↑みんないつもバカにするけど、自分はメンタルヘルスサービスや教育が日本には欠けているからだと思う

https://www.reddit.com/5vr91uより翻訳
 


22 Responses to “海外の反応「日本では鬱を心の風邪と呼ぶようにしたら抗鬱剤の販売が6倍に増加したぞ!」”

  1. 名無しさん より:

    鬱は甘えって言う人、鬱になって自殺すればいいのに。

    • 名無しさん より:

      そういう人間は多分自殺は負け犬って信念持ってるだろうから自殺はせんよ…

  2. 名無しさん より:

    鬱は甘えおじさんをどうにかしろ

  3. 名無しさん より:

    人に迷惑を掛けても何とも思わないでいられたら幸せに暮らせるのに。

  4. 名無しさん より:

    じゃあ鬱は甘え

  5. 名無しさん より:

    そもそもなんで風邪に例えてるんだろう
    誰でもかかる可能性があるってこと?
    むしろ寝てれば治るような軽い病気のイメージを持ってしまうんだが

    • 名無しさん より:

      色んな病気の入り口だからだよ
      風邪から肺炎とかかかるだろ
      鬱もそれと同じで色んな精神病(とうしつとか)に掛かる恐れがあると言う意味

    • 名無しさん より:

      だからこそ薬で治るかもと、薬の売り上げが6倍になったんでしょ。

  6. 名無しさん より:

    調べてみると、市販で売られているのは外国製品みたいだね。
    それも、ハーブ。だから、違法にはならないんだよ。
    単なる、精神安定や眠くなる程度の薬。
    それを飲んで、重篤な副作用があるわけじゃ無い。
    だから、ちょっとした風邪みたいな感じで扱われてるみたいだね。

    それと、日本はカウンセリングやすぐに薬に頼る外国とは違う。
    意外と精神的に強いけど。外国人には分からない厳しさがあるんだよね。
    そういった事を理解出来ないから、簡単に鬱になると思うんだろうけど。
    日本人以上に打たれ弱いのは外国人の方だよ。
    なぜ外国は、日本以上にドラッグやアルコール依存症が多いのよ?

  7. 名無しさん より:

    >●なんで日本では他の国に比べて鬱の人や自殺する人が多いんだろう?

    そもそもなんで多いと思うんだろう。

    目的は違うけど、キリスト教では自殺を心の病死と言ってたそうだから、人間似たようなものでは。

  8. 名無しさん より:

    最近は日本の学校にもカウンセラーがいたりするって小耳に挟んだけど…

    • 名無しさん より:

      カウンセラーはいるけど受けるのは任意だからね
      他人に相談事が得意じゃない、そもそも人のことを信用出来ない様な子はそもそも来ないからね
      強制しても問題あるだろうけど、難しい問題だなって

  9. 名無しさん より:

    そもそも風邪に効く薬なんてないんだけどね。
    栄養取って、寝るのが一番の薬。

  10. 名無しさん より:

    鬱は甘え、って考え方、実は鬱に罹りかけてる人間が一番ヤバい。
    鬱は甘えって自己暗示をかけ続けてどんどん深みに嵌まってしまう。

  11. 名無しさん より:

    精神科を受診して鬱などの診断でると社会的
    にマイナス評価を受けて、公的なものから排除
    されるおそれが有るから精神科いかないとか
    ありそう。

    • 名無しさん より:

      イヤ今は精神科のハードル低いと思うよ
      周りには黙っていればいいし
      心療内科ってのもあるし
      それよりも今は内科でも簡単に向精神薬出せるから注意した方がいい
      (心と体の調子を整えるお薬です)って書いてあるのそれだから
      一度飲めば止めれないのもあるよ

      • 名無しさん より:

        精神科に行く、うつと診断されると入れる保険が限られるってのはなんとかしてほしい
        だから安定剤なんかも内科で貰ってた
        一度飲むと辞めるのは大変ってよく聞くけど、後々のことを考える余裕がね…

  12. 名無しさん より:

    これだけ鬱病患者がいるのに、日本人は鬱に対して無知
    TV なんかで鬱の知識を広めればいいんだろうが、何故か日本では医者が出てきてウソを言うからな
    正しい知識なんて教えてくれない

  13. 名無しさん より:

    鬱は死に至る病だから風邪というのはいささか軽すぎるように思う。
    心の癌だろ

  14. 名無しさん より:

    甘えっていうか、そのくらいで?っていうちょっとした症状で
    俺は鬱だからーっていう奴はいると思う
    そういうやつの「鬱」は甘えだと思うわ
    そもそも鬱だからーなんてほんとに鬱の人は言えないからね

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。


サブコンテンツ

Sponsored Link


Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38