海外の反応「ピコ太郎のPPAPをカバーする変なドイツ人の動画が大人気!」


人気アーティスト15組のモノマネで「PPAP」をカバーしたパロディ動画が「ドイツ人なら爆笑!」と話題になっている。
ドイツ・ケルン在住のJulien Bamさんが、様々なアーティストになりきって、ピコ太郎の「PPAP」をカバー。
時代、国籍、ジャンルを問わず、人気アーティスト15組のモノマネをしながら、かろうじて「PPAP」風の歌唱パフォーマンスを披露している。

http://news.aol.jp/2016/10/30/ppapgerman/より引用


●最後のヤツは誰もわからないだろ。
でもドイツ語を話せる人にとっては、クソにみたいに面白いよ。

●↑まさしくその通り

●私は理解できたよ。
ドイツ語しゃべれないけどね。


●彼は女性のコスチュームつけてる時のほうがよく見えるね。

●↑女性にもっとよく見えるように努力しろと言ってくれよ。


●私が好きなのはDesiignerのやつだよ。

注:Desiignerは、アメリカ・ニューヨークのブルックリン出身のラッパー

●それでこの黒い顔は容認できるか?
彼は白人じゃないんだろ?

●PSY(サイ)のスタイルにPPAPが合うとは知らなかったよ。

●黒い顔の量が多すぎるよ。

●私を殺してくれ。
でもこれ楽しいよ。

●えーと、スパイシーだね。

●ドイツのガンである。

●Desiignerの動きで笑い転げたよ。

●この男に感謝する時が来たな。

●黒い顔はもう十分だろ。

●これはクソだ!

●黒い顔?

●黒い顔はクールじゃないね。

●最後のやつは「Stiff mah anus stiff」に聞こえたよ。

●あれがDesiignerバージョンか?

●ワオ、黒い顔のヤツはクールじゃない、クールじゃないぞ!

●素晴らしい!

●ジュリアンバムだ!

●マイケルジャクソンとクィーンのバージョンはかっこいいね。

https://goo.gl/oYajJsより翻訳


サブコンテンツ

Sponsored Link


Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38