海外の反応「日本のアニメーターは年収1万ドルでどうやって生活してるの?」

 


2015年のKotakuのアニメーターの年収の記事が、MyanimeListで先月話題になっていたので紹介します。

日本アニメーター・演出協会が759人のアニメ―ターに調査したところ、平均年収は110万円、およそ1万ドルであった。
一か月1000ドル以下である。
そして平均で一日11時間働いている。
日本のような物価の高い国では大変である。

http://kotaku.com/the-average-anime-salary-in-japan-is-shockingly-low-1700892325より抜粋


●(スレ主)
日本のアニメーターは年収1万ドルという極めて低い収入でどうやって生活しているの?

●ちっぽけなアパートでひたすらカップラーメンを啜る生活か。

●夜は水商売してるんだろうな。

●俺は月120ユーロ稼いでるよ。
彼らは喜ぶべきだ…
でもまあ週2で3時間くらいしか働いてないけど。

●年収1万ドル?
クッソ、大金じゃんか。
今のところ年収6000ドルで父と一緒に生活してるけど、働き始めの時にそのくらいの給料があったらと思うよ。
とは言えほぼ全てのものが日本に比べて安上がりだからな…

●そういう人たちをサポートしてる団体はある‥
それでも彼らの生活水準はかなり低いけど…

●あんまり外出しないんじゃないかな?

●へえ…
日本はアメリカよりもさらに高くつくことを考えると一体全体皆どうやって生きてるっていうんだ?

●多くのアニメータが家族から援助を受けているってどこかで読んだな。
彼らの給料がすごく低いなんて本当にひどい話だ(-_-)

●会社は食料や住居を無料で提供したりしないのかな?

●(計算機を引っ張り出す)(ドルに換算、年収額を計算)なんだ俺より稼いでるじゃないか。
そんな俺は今妥当な給料をもらってきちんとした生活ができてると思っている。
なるほど、俺は地獄のような場所で生きているとうことか。

●www
ポーランドの平均年収は6,750ドルでゲーム、音楽、電子機器等は欧米価格。
俺の国の人達はどうやって暮らしてんだよっ?て感じ。
例えば月収約562ドルでPCゲームの平均価格は50~60ドル。
幸い俺の年収は日本人に近いけど、殆どの人はそうじゃないからね。

●俺の国で余裕ある生活をするのにどれくらいが相応なのかはわからないけど、日本の物価は高いみたいだから掛け持ちで仕事をするか家族に援助してもらっているんだろうね。

●井上俊之のインタビューが興味深い。
井上『ただアニメーションで働けることが幸せで、食べてけるかどうかなんてどうでも良かったーそれほど好きだった。』
原画を描くこと以外に興味がなくて同僚の沖浦や磯がディレクターとして働き始めても今だにアニメーションに従事してる井上は骨の髄までアニメーターだよ。


●アニメーターの賃金が仕事に対して本当に低いのは真実だよね…
よければアニメの続編がもっと沢山見れたかもしれないのに…

●↑それとさらにハイクオリティの作品な。

●↑何だって?
言ってることわかってる?
正反対だよ!
プロジェクトスタッフ全員に多く払ったらもっと費用が掛かるから逆に仕事は減るよ。
もし10000ドルかかって15000ドル稼いだとしたら続編を作ろうと思うかもしれないけど、報酬を倍にしたら費用が20000ドルで赤字になる。
そしたら続編、何それってなるよね。

それから低収入の人はより沢山働く傾向があってその理由は2つ。
安くても本当にお金が必要な人か仕事に情熱があって少ない稼ぎを増やそうと更に働ける人。

あと『アニメーター』って言っても皆同じだけ受け取ってる業界じゃないよ。
新入社員なりの仕事と給料があってそこから上の仕事や責任が増えていく。
雀の涙ほどしか払わない会社もあれば気前のいい会社もあるしね。

●↑クオリティに関しては反対だな。

  1. もしコマごとの賃金を倍にしたとしてもそれと同等の枚数は描かずに絵のクオリティを上げて15000ドル稼ぐようになるだろうね。
    アニメーターの給料はコマ単位なんだよ。
  2. アニメーターの貧乏度によるけど、よりよい賃金を払えば本当にクオリティが上がるかもね、もっと健康になるわけだから。
  3. 高賃金ならハイクオリティな職人を雇える。

●↑スレ主の10000ドルは新人アニメーターの給料(為替レートの関与も重要)

新人 9200ドル→657ドル/月
全体的なアニメーター 28000ドル→2000ドル/月
上位役職 61900ドル→4421ドル/月

賃金構造について。
固定給、コマ給の人や安い固定給とコマ割高の混合でもらう人もいる。
正社員は固定給じゃないと違法になるけどフリーランスはコマ毎でもあり。
ほとんどが混合だと思うけどね。


●10000ドル : 12か月 = 一月833ドル
400~500ドル 家賃
50~100ドル 食費
残りはその他の出費に。
それから会社によって無料アパートや食事提供、交通費を負担してくれるのは大きいよね。
以上、権利の主張はやめなよ。

●↑大抵は12じゃなくて14で割るんだよ(ボーナス分)→月714ドル
彼らは郊外で家の1部屋だけを生活費込で安く借りたりするんだよ。
食費が含まれるかどうかによるけど300~400ドルくらいじゃないかな。
それとその他出費。

まあこれくらいだろうね。
ひょっとすると全く貯金をする余地がないのでは。

https://myanimelist.net/forum/?topicid=1580040より翻訳

 

21 Responses to “海外の反応「日本のアニメーターは年収1万ドルでどうやって生活してるの?」”

  1. 名無しさん より:

    木っ端漫画家もそうだよ。
    その程度の金額だよ。月8Pだと。
    死にそう。

  2. 名無しさん より:

    この話題何度めかしらんけど
    今は昔と違ってアニメ業界自体に金は入ってきてるけど
    上が全部持っていってしまってる

  3. 名無しさん より:

    夢は金じゃ買えないを体現してます
    なるべく寝て暮らしてます

  4. 名無しさん より:

    漫画家やイラストレーターは掲載されるまで稿料は出ないけど、
    アニメーターって動画でドヘタクソな物でも端金でるんだよな
    で、中途半端にプロだ食って行けるとヘタレが勘違いして出来高払いの絵を大量のロスを出しながら作る
    時給で換算した時点で自分に見切りが付けられてたらこんな数字じゃないと思うんだけどな

  5. 名無しさん より:

    昔外国人で祖国に帰っているドラえもん担当している人が掲示板に書き来たけどカップラーメン支給してもらえると言ってた辛ラーメンを

  6. 名無しさん より:

    答えてない人がほとんどで、嘘のデータと
    現役の人が言ってた

  7. 名無しさん より:

    原画に上がる前の下積みと割り切った上での給料だな
    まぁ動画マンしかやれない程度の人も居るんだろうけど、その場合は能力の無い自分を恨めとしか
    実力主義の世界だしな

  8. 名無しさん より:

    名だたる画家を輩出してきた国の意見とは思えんもんばっかり
    そりゃあ凋落するわな

  9. 名無しさん より:

    >>それとさらにハイクオリティの作品な。

    アメリカ以外で京アニやufotableを超えるアニメを作れる会社あるのかよ
    あの中国ですらまだ15分アニメが限界なのに

  10. 名無しさん より:

    初めの方は食ってけないので親に家賃ぐらいは払ってもらって
    次第に稼げるようになるんだよ
    固定給じゃなくて出来高制がほとんどだから
    同じメカでもドラえもんとガンダムでさほど単価の差がないから作品に左右されるわなー

    • 名無しさん より:

      作品や会社や下請け(グロス)何番目かで値段は違うし(動画一枚120~400円くらい差がある、もちろん高いのは1枚2時間かかったりするし、口ぱく有りとったりして収入調整する)、
      原画的にはカットの重要性や難易度で値段変わるよ。

      あと、ガンダムにだって人しか出てこないカットやエフェクトがあるから一概に言えないし、
      ドラえもん系がおいしいのは動画であって原画ではないよ。

  11. 名無しさん より:

    物価の違いすら理解できてないような馬鹿がかなりいて草生えますよ

  12. 名無しさん より:

    一般的にみんながなりたい職業はカルテルがなければ低賃金で過酷。
    選ぶべきは世間一般では不人気だけど自分が大好きなこと。

  13. 名無しさん より:

    アイマスのアニメですげえ複雑なダンス衣装の手描きダンスシーンがあって
    凄腕のメーターが死ぬほど残業しまくっても一週間でアニメ5秒分しか進まなくてヤバいみたいな話があった

    一週間は一月の1/4だから月給20万もらうなら5万円分の仕事だが
    たった5秒の原画(清書前の下書きであってここから更に別な人の手がかかる)
    に5万円払っていたらアニメ会社は破綻するわな

    商売としての仕事と職人のこだわりが混在してるから
    どうやっても低賃金、ブラックになりやすいんだと思う

  14. 名無しさん より:

    友人は寝るだけだからって3人で部屋を借りてさらに実家から仕送り貰ってたな
    まぁ2年でアニメーター辞めてたがねw

  15. 名無しさん より:

    アメリカだと年収1万ドルで手元に7千ドル残る
    日本だと年収1万ドルで手元に6千ドル残る
    ドイツだと年収1万ドルで手元に5千ドル残る
    フランスだと年収1万ドルで手元に4千ドル残る
    フィンランドだと年収1万ドルで手元に3千ドル残る

    税金とか公的年金とか国民皆保険とか差し引かれると国によって残る額がかなり違う。
    そして物価も大きく違う。
    だから年収だけで考えると国によって反応が変ってくる。

  16. 名無しさん より:

    こういう業界はなんでもそうだけどピラミッドの上の方は結構稼げるんだよ
    少なくとも原画より上のポジションの人ね

    でも平均で語ると動画や原画の人が多いからね、特に動画は安い
    まあでも最初は誰でもピラミッド下からスタートするんだから
    その部分でどう育成するかが日本のアニメの課題だと思うし
    これは制作スタジオ単位で出来るもんでもないので、国がどうにかするしか

  17. 名無しさん より:

    14割とか言ってるやつなんなん?
    フリーや拘束契約ににボーナスなんて無いし、
    水商売できる時間も体力もねえよ!
    一日11時間労働?一ヶ月平均(日曜祝日込み)でも一日15時間労働(机の上の仮眠時間や食事時間、出勤や打ち合わせ場所への移動時間は除く)だよ。

  18. 名無しさん より:

    動画だって必要な仕事だろ?
    賃金安くて当然みたいな扱いはおかしいわ。

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。



Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38