海外の反応「中国でブレーキを踏み間違えて加速したSUVが屋根に突っ込む!」

 


車がド派手にぶっ飛んで事故を起こしながらも、運転手は無事だった。
まるで映画のような話だが、これは本当に起きた実話である。
衝撃的な映像がとらえられたのは、つい先日。
中国江蘇省の泰州市で、1台の車がスリップした時のことだった。

運転手の話によると、事故が起きたのは進行方向に飛び出してきた車を避けようとしたのが原因。
時速70キロで急に方向転換し、ブレーキと間違えてアクセルを踏んだら大きくスリップしたらしい。

・映画スタントさながら
止まるどころかスピードを上げたというだけに無事では済まないと思いきや、ほぼ無傷で生還した姿を確認できるのが、動画「SUV Crashes into House Roof after Mistaking Accelerator for Brake」である。
そのシーンはまるで映画スタントを見ているかのよう。それもそのはず……

画面に黒いSUV車がスリップして現れると、なんとそのまま道路の外へ飛び出しダイブ!
しかも、民家の屋根に着地し、突っ込んだまま止まったのだ。
きっと運転手は……と思うところだが、スマホをしっかり握りしめたまま脱出できるほど無傷だから驚かずにはいられない。

・不幸中の幸い
現場は野次馬が集まり一時騒然としたようだが、誰も怪我しておらず不幸中の幸い。
車もほとんど原型のままであるため、奇跡的な交通事故だと言っていいだろう。

http://rocketnews24.com/2017/03/15/874350/より引用


●(スレ主)
窓に突っ込んだ車が、レストランのテーブルやコンビニの棚を粉砕することは見たことがあるでしょう。
しかし静かな金曜日の朝に車が屋根へ突っ込んでくるとは、家主も予想だにしなかったはずです。
中国東部は江蘇省の泰州市で、コントロールを失ったSUVが道路を滑った先は家のてっぺんだった。
騒音に驚いた家主が屋根の上に見たものは車だったと言う。
車両は屋根にはまっておりクレーンで救出、その間警察ははしごを使って運転手の手助けをしました。
屋根には穴が空き、車両の前方はへこんでいます。
「当時スピードは時速90キロだった。突然こちらに向かってくるオート三輪が現れて、北を向いたらアクセルを踏んでしまい向きが変わったんだ」と言う運転手。
両者共に怪我はない模様ですが、引き続き事故捜査が行われます。


●道路と同じ高さの家を建てておいてどうしろと。

●↑どこに住んでるの?どの家も地上に建ってるよ。

●↑屋根ってことだよ。 

●↑浮遊するとでも思ってるの?

●↑家主は責められないよ。
柵があってしかるべきだもん。

●↑本題:道路が先か、家が先か?


●「おぉ、やあビリー」しか考えられない。

●↑ハイ、ロン…

●↑こいつぁいてぇや…

●↑ははは、クラシックだね。
あのビデオを観るたびに腹筋崩壊する。


●0:17の男の顔www

●↑「オゥフ〇ック…またかよ」

●↑「誰だよこんなところに家建てたの」

●↑正にその通り!まるで過去に一度やらかしたみたいだ(笑)


●「ただいまハニー」

●まだ車が大丈夫なんて、ラッキーだね。

●1:18 車を引き上げるためにジャイアントな箸を使ってる。

●ブレーキレベル:アジアン

●ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTを観た後のおまえら。

●中国ではよくあること。

https://youtu.be/wQIg67KA_aAより翻訳

 


4 Responses to “海外の反応「中国でブレーキを踏み間違えて加速したSUVが屋根に突っ込む!」”

  1. 名無しさん より:

    ガードレール無いのか…。

  2. 名無しさん より:

    とりあえず人の所為にしとけという中国人らしさ。
    どーせスマホ操作してたよそ見運転だろ。操作ログとかとれねーのか?

  3. 名無しさん より:

    広島かなんかでもあったな

  4. 名無しさん より:

    大ハード

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。


サブコンテンツ

Sponsored Link


Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38